2021年同窓会学園祭中止(オンライン学園祭がありました)
ホームカミングディは中止でした。
ホームページ管理者 田中(9期)は、早いもので、60歳で会社の雇用延長をせず、NPO法人運営や大学講師をしてから8年目に突入。あと2年で大学も終わりになります。
ホームページ作成委員交代の検討に入ります。

ボランティアですが、有志を3名募集します。

concrete5、wordpressの作成できる方
facebookは、サブサイトとして運用できる方

 

寄稿1

田中(9期)
現在は、東海大学(湘南校舎 高輪校舎)をメインとして、拓殖大学 愛媛大学で講師をしています。2020年と2021年は、コロナウィルス感染拡大により、オンライン講義でした。
学位が、情報システム分野(遠隔地ネットワークで、eラーニングシステム)研究だったので、東海大学が、moodleを利用すると連絡がり、オンライン教育用データが利用できるようになりなりました。私は、15年前に社会人博士課程で、研究に自作システムを開発する中、CMSである初期のmoodleも導入して研究サイトを作りました。
初期のmoodleは、利用しずらい操作でしたが、無料で利用できる唯一のCMSなので、比較するために利用しました。
https://moodle.org/

moodleは、今や全世界の大学や企業でもeラーニングシステムとして普及しています。国内でも40%以上の大学が利用しています。

下記サイトは、学認クラウド導入支援サービスでmoodle専用サイトになっています。
https://www.gakunin.jp/

東海大学は、業者に委託して運用してる。
コロナウィルス感染拡大期にオンライン・オンデマンドと対面での教育体系が必要になっています。
東海大学では、25年前に鈴木恒則先生(物理学科教員)が、eラーニング物理教材開発に着手したが、先生の定年と同時に後継者が育たなかった。(私と経営工学卒者が協力)研究テーマとしては、確かに10年前から論文が、システムからコンテンツや教え方になっています。ここにきて、再構築が必要になっています。
オンラインでの課題は、相手が本当に聴いているのか、レポートがちゃんと提出されているか、作成方法を理解しているのか、参考書を見ないで、オンラインテストができているのかわからない。
居眠り防止、離籍禁止、学習チェック、演習見える化
大学内では、パソコン教室があり、いろいろなソフトや機器がある。それと同じ、内容が、遠隔でもできる体制が必要です。また、オンライン教室(VR、アバター)、AIを利用した総合講義管理システムの構築です。今後の東海大学教育体系を見ていきましょう。

企業では、未来のあるべき姿をいつも検討している。5年10年ぐらいは、株主に提示しています。
大学も同じことを理事の皆さんが検討していると考えます。

学生の皆さんは、自分のスキル向上をしながら、将来の事(就職)、職種(役割)を検討、勉学に励みましょう。

宣伝

田中は、埼玉県川口市で、パソコンボランティアの会会長をしています。
2022年1月から新事業として、町会自治会ホームページ作成支援を行っています。
http://kawaguchi-jv.jp/(concrete5)

ボランティアも高齢化しています。若い人の協力も必要です。東海大学には、教養科目に地域参加、シチィズンシップ、ボランティアがあります。若い時は、仕事が忙しいと逃げがちです。若者、ミドル、シニアが協力して地域課題解決も必要です。

2021年9月から日本礼儀作法協会で、外国人向けのIT教育のシステム開発やコンテンツ開発のサポートをしています。
https://reigi-sahou.com(wordpress)

事業は、外国人に日本式礼儀作法を身につけ、日本での就労斡旋をしている団体です。現在は、ベトナム国の大学で日本語、マナー、介護技術を中心に講義し、日本で、インターンシップを行い。卒業後特定技能1号介護や技術人文国(介護技術)を取得し、日本介護施設企業で働くお手伝いをしています。

2023年4月からIT企業、サービス(ホテル他)への就労斡旋も開始予定です。
ここの協会は、礼儀作法を身につけた日本語N3、N2を現地大学で教育した大学卒業者なので、日本の大学生に比べ、礼儀作法&マナーがしっかりしています。
日本の大学でも教養講座で、礼儀作法・ビジネスマナー講座を始めています。(礼儀は、礼で始まり礼で終わる日本式は、世界で注目されています。!!)

NPO法人サイトでは、ライフプランやキャリアプラン講座サイトを運営しています。
https://cc.j-acd.org (concrete5)

東海大学物理学科同窓会サイト運営
http://u-tokaispd.org(concrete5)

講座サイト
http://cms.j-acd.org(moodle)